洗浄装置・乾燥装置-プリント基板以外にも応用可能

プリント基板装置、液晶製造装置メーカー山縣機械 TOP » 洗浄装置

洗浄装置の製造はお任せ下さい

FPCやチップ基板の洗浄装置の設計・製造を行っています。
超高圧ジェットをはじめ、回転ブラシ、循環水洗いなどご要望に合わせたプロセス選択が可能です。 また、液切りについても独自のエアナイフシステムによる完全乾燥装置を揃えています。

主な洗浄装置

プロセスに応じて、様々な洗浄装置をご提案いたします。
目的に応じて、ディップ、シャワー、超高圧、2流体、ロールブラシなどを組み合わせることが可能です。

LCD超高圧洗浄装置

LCD超高圧洗浄装置

主な用途

LCDの偏光板貼り付け後や液晶封止後、カレットなどの洗浄装置としての利用。
テフロンコーティングされたステンレス製搬送ネットを使用しています。上下に設置した回転ネットでワークをはさみこみ、安定搬送を実現しました。角度のついた超高圧スプレーノズルでワークのエッジを集中的に洗うことができ、プロセス間に、インラインに設置できます。気になる搬送ネットによるワークへのダメージやムラなどは、デモ装置で検証していただけます。

  • 処理工程:投入⇒超高圧ジェット⇒液切⇒リンス⇒液切⇒乾燥(排気)⇒排出
  • ワークサイズ:MAX.□150mm
  • 装置寸法:1600×1600×1600mm(W×L×H)

特長

  • 超高圧ジェットによる洗浄
  • 20MPaの超高圧ジェットで洗浄力アップ
  • 独自の搬送システムにより、小サイズのLCD(0.4t/30×30mm)基板を枚葉搬送
  • エアナイフシステムによりワークを完全乾燥

弊社の装置はすべてご要望に合わせたカスタマイズが可能です。

LCDブラシ洗浄装置

LCDブラシ洗浄装置

主な用途

各種工程の受入、フォト前の洗浄装置としての利用。
ロールブラシを使って、物理的に汚れを落とす事と、各種薬液との組み合わせが可能です。ブラシの材質や毛径、毛丈など様々な種類から選定が可能です。ギアを洗ったりクリーンな環境にも配慮した設計もできます。

  • 処理工程:投入⇒ブラシ洗浄⇒液切⇒リンス⇒液切⇒乾燥(排気)⇒イオナイザ・排出
  • ワークサイズ:MAX.□400mm
  • 装置寸法:1500×2970×1250mm(W×L×H)

特長

  • 回転ブラシ式
  • ワーク厚の変更にともなうブラシ位置の変更も簡単操作
  • クリーン度を重視した設計
  • 独自のエアナイフ配置とラインヒーターでワークを完全乾燥

弊社の装置はすべてご要望に合わせたカスタマイズが可能です。

▲ページトップへ

ネットコンベア式基板洗浄乾燥機 YCA-200WN

ネットコンベア式基板洗浄乾燥機 YCA-200WN

主な用途

FPC、チップ基板、プレス、ルーターなど外形加工後の洗い・乾燥装置としての利用。
テフロンコーティングされたステンレス製搬送ネットを使用しています。上下に設置した回転ネットでワークをはさみこみ、安定搬送を実現した洗浄装置です。従来のローラー搬送では不可能だった、外径加工後の小サイズ基板やFPCなどのフイルム基板なども単板枚葉で搬送可能です。気になる搬送ネットによるワークへのダメージやムラなどは、デモ装置で検証していただくことができます。また、純水などの水の他、様々な薬液も使用することができます。

  • 処理工程:投入⇒循環水洗⇒直水洗⇒液切(排気)⇒乾燥(排気)⇒排出
  • ワークサイズ:MAX.□150mm
  • 装置寸法:1000×1750×1160mm(W×L×H)

特長

  • 小サイズ基板からFPC基板まで何でも洗い・乾燥できる
  • 搬送ネット自体を洗って乾燥するため、汚れの再付着がない
  • テフロンコートネットの使用で、ワークに傷が付きにくい
  • エアブロー乾燥式で、スルーホール内に水滴が残ない
  • プリント基板以外にもアイデア次第で色々と応用可能

弊社の装置はすべてご要望に合わせたカスタマイズが可能です。

最適な設備を使用していただくために

研究開発用の設備をご提案するにあたって、目的・用途をしっかりと把握するよう努めます。過剰な機能を盛り込んでしまうと、コスト面も見合わなくなることが多いため、本当に必要な機能を厳選した柔軟な提案を心がけております。

しかし研究という分野はその特性上、内容をお伝えしていただくことが難しいものもあるのも事実です。そのような場合は、必要最低限の情報(ワーク材質・サイズ・薬品など)をいただいて、装置をご提案させていただきます。

経験豊富なスタッフが迅速に対応し、お客様に対して最適な設備をお届けできるように日々努力しております。お客様にとって何が一番最適な設備なのか考える事はもちろんの事、市場のニーズや新しい技術にも関心を持ち、装置の改良を行い、ご提案させていただいております。

洗浄装置の設計・製造事例

基板の外形加工(ルーターやプレス)後の洗浄装置

基板の外形加工(ルーターやプレス)後の洗浄装置

ルーターやプレスなど外形加工後の基板は、ワークのサイズが小さい事が多く、ローラー搬送の洗浄装置には投入できないケースがあります。
弊社の場合は、搬送系をネットコンベアにする事で、10mm角程度の基板から200mm程度の基板までマルチに対応した装置を製造しました。

また、ローラー搬送のタイプでは乾燥部などドライなゾーンの搬送ローラーに汚れが蓄積されやすく、汚れの再付着などの問題を生する事がありますが、ネットコンベアの場合は搬送ネット自体もウェットゾーンとドライゾーンを繰り返し通過する事で、搬送ネットへの汚れの蓄積をなくすことができます。

▲ページトップへ

山縣機械がこれまでに対応してきた事例

弊社はこれまで多くのお客様のご要望やお悩みにご対応してきました。お客様のご要望は様々ですが、ウェット装置に特化した技術者がオーダーメイドで装置を設計し、お客様のご要望を実現しております。これまでに弊社がご対応してきた事例はこちらからご覧下さい。

ラボ機のオーダー設計から量産機械製造、アフターフォローまで万全です
ラボ機のオーダー設計から量産機械製造、アフターフォローまで万全です

弊社は研究開発用ラボ機を専門に製造しているため、研究内容などに合わせたご希望の設計をすることが可能です。
また、装置はメンテナンスしやすい設計で製造していますが、アフターフォローについても万全の体制をとっています。
研究用や品証用の卓上装置をお探しの際は一度ご相談下さい。

FPD/PWB洗浄装置・乾燥装置・エアナイフの設計・製造は
R&D用ウェット処理装置メーカー山縣機械にご相談下さい

TEL:06-6978-3051

電話受付時間:9:00〜17:30(第2・4・5土曜日・日・祝を除く)

電話受付時間外は問い合わせフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。

お問い合わせ・カタログ請求はこちら