剥離機-コンパクトでも大型並の有効サイズ

プリント基板装置、液晶製造装置メーカー山縣機械 TOP » 剥離機

R&D・試作用剥離機の設計・製造はお任せ下さい

ドライフィルムレジスト剥離・液状レジスト剥離の研究開発、プリント基板の小量生産向けのラボ機を製造しています。剥離液の性質などに合わせて装置の素材を樹脂やステンレスへの変更を提案いたします。タッチパネル用途の研究開発にも剥離機をご利用いただいています。

主な剥離機紹介

下記の製品はタッチパネル製造プロセスの研究開発にもご利用いただけます。

小型剥離機 RX-40S

小型剥離機 RX-40S

主な用途

  • ドライフィルムレジスト剥離、液状レジスト剥離の研究開発
  • プリント基板の小量生産
  • 処理工程:投入⇒剥離(排気)⇒液切⇒循環水洗⇒絞り・排出
  • ワークサイズ:MAX.□400mm
  • 装置寸法:960×1670×1320mm(W×L×H)

お問い合わせ、カタログ請求はこちらへ

特長

  • 新開発のウェーブオシレーションで、これまでにないスプレー性能を実現
  • 操作はカラー液晶タッチパネルで、見た目もスッキリ!操作も簡単!
  • 搬送速度も薬液処理時間で設定可能なので、わかりやすい
  • 内臓の簡易ミストキャッチャーで、排気へ流れるミストの量を低減

弊社の装置はすべてご要望に合わせたカスタマイズが可能です。

剥離の設計・製造事例

小型剥離機 EX-40S

小型剥離機 EX-40S

主な用途

  • ドライフィルムレジスト剥離、液状レジスト剥離の研究開発
  • プリント基板の小量生産
  • 処理工程:投入⇒剥離⇒液切(排気)⇒循環水洗⇒絞り・排出
  • ワークサイズ:MAX.□400mm
  • 装置寸法:880×1400×1200mm(W×L×H)

お問い合わせ、カタログ請求はこちらへ

特長

  • 独自のノズル配置で、均一なスプレー
  • すべての操作は一方向から
  • 内部のメンテナンスがしやすい横窓
  • 小型機でのライン化にも対応

弊社の装置はすべてご要望に合わせたカスタマイズが可能です。

剥離機の設計・製造事例

▲ページトップへ

卓上アルカリ剥離機 YCS-85

卓上アルカリ剥離機 YCS-85

主な用途

  • 研究開発、試作、小量生産
  • ドライフィルム、液状ソルダーレジスト、フォトEDの剥離
  • 処理工程:投入⇒剥離⇒液切(排気)⇒循環水洗⇒絞り・排出
  • ワークサイズ:MAX.□400mm
  • 装置寸法:980×1100×800mm(W×L×H)

お問い合わせ、カタログ請求はこちらへ

特長

  • ボディは小さくても有効幅400mmの実力派
  • コンパクト設計の卓上式ながら大型機にも劣らぬ400mm有効
  • 液量はわずか40Lなので取り扱いもメンテナンスも容易
  • サービスタンク付きで、液の投入やタンクの洗浄が楽

弊社の装置はすべてご要望に合わせたカスタマイズが可能です。

剥離機の設計・製造事例

剥離機の設計・製造事例

有機アミン系剥離液に対応した剥離機

有機アミン系剥離液に対応した剥離機

有機アミン系の剥離液は樹脂を分解するため、接液部材質はSUS316(ステンレス)を使用します。
弊社では、そういったステンレスなど金属での装置作りにも対応しています。

(小型剥離装置 EX-25SY)

剥離液の温度を常時50℃程度で使用したい

剥離液の温度を常時50℃程度で使用したい

剥離液の一般的な使用温度は45℃程度ですが、お客様によっては、50℃であったり、55℃といった温度で使用したいというご要望がございます。
このような場合は、PVC(塩ビ)は使用できませんので、ステンレス製になってしまうのですが、ステンレス製の装置はPVC製の装置に比べ割高になってしまいます。
そこで弊社からは、PP製卓上アルカリ剥離機YCS-85Pを提案いたしました。
PP(ポリプロピレン)製だと、PVC製より耐熱温度が高く、ステンレス製より割安に製作できるからです。

▲ページトップへ

山縣機械がこれまでに対応してきた事例

弊社はこれまで多くのお客様のご要望やお悩みにご対応してきました。お客様のご要望は様々ですが、ウェット装置に特化した技術者がオーダーメイドで装置を設計し、お客様のご要望を実現しております。これまでに弊社がご対応してきた事例はこちらからご覧下さい。

ラボ機のオーダー設計から量産機械製造、アフターフォローまで万全です
剥離機などラボ機のオーダー設計から量産機械製造、アフターフォローまで万全です

弊社は研究開発用ラボ機を専門に製造しているため、研究内容などに合わせたご希望の設計をすることが可能です。
また、装置はメンテナンスしやすい設計で製造しておりますが、アフターフォローについても万全の体制をとっております。
研究用や検証用の小型装置をお探しの際は一度ご相談下さい。

剥離機の設計・製造は
R&D用ウェット処理装置メーカー山縣機械にご相談下さい

剥離機のお問い合わせ番号はこちら TEL:06-6978-3051

電話受付時間:9:00〜17:30

電話受付時間外は問い合わせフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。

剥離機のお問い合わせ・カタログ請求はこちら