製造に欠かせない装置設計-充実の設計体制でお客様をサポート

プリント基板装置、液晶製造装置メーカー山縣機械 TOP » 製造に欠かせない装置設計

装置製造に欠かせない設計もご安心してお任せ下さい

研究開発用の装置は受注生産のため、その内容に合わせた設計が不可欠です。
弊社では様々な機能を付加したり、反対に不必要な機能を削ったりと、フレキシブルな設計を行っていますので、研究開発用の装置を初めてお探し方もご安心してお任せ下さい。
ここでは、設計におけるヒアリングやポイントをご紹介いたします。

ヒアリング項目

ヒアリング項目

お打ち合わせの際に、装置の使用目的を重点的にヒアリングするようにしています。使用目的がわかれば、これまでの経験から装置構成などについてアドバイスをさせていただいたり、より具体的な説明やご提案ができます。

ただ研究開発用装置の場合は、研究内容が極秘であって、使用目的を具体的に説明する事ができないお客様もおられます。そのような場合は、ワークの材質やサイズ、処理薬液の種類やメーカーなど、装置づくりに最低限必要な情報をいただいて、装置をご提案させていただきます。

また装置の入れ替えや増設など、現在ご使用中の同種の装置がある場合は、その装置の良い点や悪い点をできるだけ多くヒアリングして、良い点は継承し悪い点は改善した装置のご提案ができるように努めています。

▲ページトップへ

設計時に意識しているポイント

1.薬品のサンプルによる浸漬試験の実施

薬品のサンプルによる浸漬試験の実施

初めて取り扱う薬品を使用した装置を作る場合は、お客様や薬品メーカーから耐薬品性材料のヒアリングをして装置の材料を選定します。
温度や濃度の変化によっては使用できない材料もあるため、受注して設計をする前には必ず、薬品のサンプルを頂いて実際に使用予定材料の浸漬試験を行います。

2.汎用性の高い部品の使用

汎用性の高い部品の使用

装置に使用する部品はできるだけ汎用性が高く、納期や価格で有利な部品を選定するようにしています。そうすることで、万一装置にトラブルが発生した場合でも、交換部品を早く安く調達できたり、お客様ご自身で入手できるなど、お客様のご負担を軽減できます。

さらに装置に使用する部品や材料は、展示会やインターネット、業界誌などで最新の情報をできるだけ多く調べ、装置の改良や新しい装置づくりに役立てています。

交換用部品の取り寄せなど、アフターフォローに関してはこちらをご覧下さい。

お客様の声に基づいた設計

お客様の声に基づいた設計

装置の使いやすさ、メンテナンスのしやすさなど、装置改良の源は実際に使用するお客様の声にあります。
弊社では、お客様の「***で困っている」といった声を大切にして、標準装置の改良や新製品の開発に取り組んでいます。

設計事例

傷のつかない洗浄乾燥機や受取装置

単板でのハンドリングや搬送が難しいとされるフレキシブル基板(FPC)において、傷のつかない洗浄乾燥機や受取装置を開発し、ご好評をいただいています。

工程を短縮できる大型マスク洗浄装置

FPD関連の装置では、長い処理時間と大きな設置スペースを必要とする平面スピン方式の大型マスク洗浄装置に縦型枚葉方式を開発・採用して、お客様の工程の大幅な時間短縮に成功しています。

研究開発・品証用以外にも量産用機械の製造も行っています。 詳しくはこちらをご覧下さい。

▲ページトップへ

上記のように弊社では、お客様のご要望を満たし、装置使用時のことも考えた設計を行っています。研究開発用の装置を初めてお探し方も、ご安心してお任せ下さい。
その他設計・製造に関する不明点などはよくあるご質問(FAQ)をご覧下さい。

研究開発・品証用のウェット処理装置の設計・製造は
R&D用ウェット処理装置メーカー山縣機械にご相談下さい

TEL:06-6978-3051

電話受付時間:9:00〜17:30(第2・4・5土曜日・日・祝を除く)

電話受付時間外は問い合わせフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。

お問い合わせ・カタログ請求はこちら