現像機-小型でも優れた性能を発揮

プリント基板装置、液晶製造装置メーカー山縣機械 TOP » 現像機

R&D・試作用現像機の設計・製造はお任せ下さい

研究開発や試作に適した小型装置でありながら、充実した機能を搭載した現像機を製造しています。ボディが透明で処理の様子がわかるような現像機も製造可能です。最近ではタッチパネル製造工程の研究開発にも、私たちの現像機をご利用いただいております。

主な現像機紹介

下記の製品はタッチパネル製造プロセスの研究開発にもご利用いただけます。

現像装置 GX-40D(リジッドtype/フレキtype)

現像装置 GX-40D(リジッドtype/フレキtype)

主な用途

  • ドライフィルムレジスト現像および液状レジスト現像の研究開発
  • プリント基板の小量生産
  • 処理工程:投入⇒現像(排気)⇒液切⇒循環水洗⇒絞り・排出
  • ワークサイズ:MAX.□400mm
  • 装置寸法:1200×2000×1300mm(W×L×H)

お問い合わせ、カタログ請求はこちらへ

特長

  • それぞれ個別に圧力調節可能な上下8本のノズルパイプ
  • 水平方向のノズルパイプオシレーション
  • カラー液晶のタッチパネルで操作が簡単
  • 薬液処理時間を入力すれば、コンベアスピードを自動調節
  • 薬液の出し入れがしやすい、サイドタンクとドレン口の高さ

弊社の装置はすべてご要望に合わせたカスタマイズが可能です。

現像機の設計・製造事例

幅広い機種ラインアップ

R&D 小型マシン RXシリーズ

R&D 小型マシン
RXシリーズ

小型現像機 EXシリーズ

小型現像機
EXシリーズ

現像装置 YCD-500WA

現像装置 YCD-500WA

主な用途

  • ドライフィルムレジスト現像および液状レジスト現像の研究開発
  • プリント基板の小量生産
  • 処理工程:投入⇒現像⇒液切(排気)⇒循環水洗⇒直水洗⇒液切(排気)⇒エアナイフ・排出
  • ワークサイズ:MAX.□500mm
  • 装置寸法:1330×2180×1635mm(W×L×H)

お問い合わせ、カタログ請求はこちらへ

特長

  • 上下各5本の首振揺動ノズルパイプが、それぞれ単独に圧力調節可能
  • 現像またはエッチング時間の設定で、搬送速度を自動調節します
  • スケルトンのボディーで、内部の様子も確認できます
  • エアナイフによる液切で、従来のスポンジロールによるトラブルを解消
  • シンプルな構造なのでメンテナンスも容易、小さいボディーに充実した機能

弊社の装置はすべてご要望に合わせたカスタマイズが可能です。

現像機の設計・製造事例

▲ページトップへ

卓上アルカリ現像機 YCD-85

卓上アルカリ現像機 YCD-85

主な用途

  • ドライフィルムレジスト現像の研究開発
  • 液状レジスト現像の研究開発
  • プリント基板の試作・少量生産
  • 処理工程:投入⇒現像⇒液切(排気)⇒循環水洗⇒絞り・排出
  • ワークサイズ:MAX.□400mm
  • 装置寸法:700×1100×800mm(W×L×H)

お問い合わせ、カタログ請求はこちらへ

特長

  • ボディは小さくても有効幅400mmの実力派
  • ドライフィルム、液状ソルダーレジスト、フォトED等の各種の現像に対応
  • コンパクト設計で、机の上などわずかなスペースに設置可能
  • 研究開発、試作、小量生産に最適
  • 卓上機ながら大型機にも劣らぬ400mm有効
  • 液量がわずかで、取扱いもメンテナンスも容易

弊社の装置はすべてご要望に合わせたカスタマイズが可能です。

現像機の設計・製造事例

現像機の設計・製造事例

ソルダーレジスト(永久レジスト)の現像装置

ソルダーレジスト(永久レジスト)の現像装置

既設の現像ラインのうち、劣化・老朽化の激しいライン前半の現像部のみ新しくしたいとご要望を受け、設計を承りました。
今回の設計でクリアするべき条件は3つ。1つ目は「既設ライン後半をそのまま使用できるよう連結させること」。2つ目は「狭小な搬入経路から搬入できること」。3つ目が「お客様の作業効率アップのためのメンテナンス性の向上」でした。

お客のご要望を実現するため、まずは実際に現場に訪れさせていただき、搬入経路・設置場所を詳細に採寸。その後、打合せで取り付け場所や制御盤の位置など装置の細部までお客様と取り決め、ご要望にぴったりの装置にしていきました。また、メンテナンス性向上のため、槽の窓やタンクの上蓋などの開口部を最大限広く取るようにしました。

機械を入れ替える際にネックとなる既設の環境条件をクリアする設計で、お客様のご負担は最小限に新しい現像機を導入することができました。

露光機の検証用現像機

露光機の検証用現像機

プリント基板の製造工程で、露光機の検証用に様々なレジストに対応した高性能の現像装置が欲しいとのご要望でした。

弊社では、レジストメーカー様向けに研究用現像機を納めさせていただいておりますので、様々なレジストに対応した現像機(しかも高性能)を作るノウハウを持っております。
YCD-500WAをカスタマイズし、独自のノズル配置や独立圧調機構などで露光機メーカー様にもご満足いただける現像機を製造しました。

オール透明ボディの検証用現像機

オール透明ボディの検証用現像機

ドライフィルムの現像実験(検証)用の装置で、お客様のユーザー様も見に来られる場合があるため、クリーンなイメージで視認性に優れた現像機のご要望をいただきました。
塩ビ製の装置では、ひと昔前はグレーや青色、最近ではアイボリー色が一般的ですが、透明の塩ビを使用した装置を提案させていただきました。
弊社の経験から、同じ塩ビ材でも色によって若干、耐薬品性が異なるので、それらの説明もさせていただいた上で、ご決定をいただきました。

小型現像機が導入される理由

小型現像機をお持ちでないお客様は、大規模な生産用の装置で研究開発や試作を行う必要があるなど、研究開発段階にも関わらず、現像液の大量建浴など大掛かりな運転準備が必要になるなどの不満を抱えています。
そのような状況の方から試作専用の小型装置のご要望をよくお聞きします。大規模生産用と研究開発用に求められる仕様が異なることが、小型の装置が求められる理由です。
山縣機械では、お客様のご使用目的や環境にあわせたカスタマイズ、現像液の温度やスプレー圧力・現像処理時間も調整可能な装置をご提案いたします。

▲ページトップへ

山縣機械がこれまでに対応してきた事例

弊社はこれまで多くのお客様のご要望やお悩みにご対応してきました。お客様のご要望は様々ですが、ウェット装置に特化した技術者がオーダーメイドで装置を設計し、お客様のご要望を実現しております。これまでに弊社がご対応してきた事例はこちらからご覧下さい。

ラボ機のオーダー設計から量産機械製造、アフターフォローまで万全です
ラボ機のオーダー設計から量産機械製造、アフターフォローまで万全です

弊社は研究開発用ラボ機を専門に製造しているため、研究内容などに合わせたご希望の設計をすることが可能です。
また、装置はメンテナンスしやすい設計で製造しておりますが、アフターフォローについても万全の体制をとっております。
研究用や検証用の小型装置をお探しの際は一度ご相談下さい。

現像機の設計・製造は
R&D用ウェット処理装置メーカー山縣機械にご相談下さい

TEL:06-6978-3051

電話受付時間:9:00〜17:30

電話受付時間外は問い合わせフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。

お問い合わせ・カタログ請求はこちら